レンタルサーバーの料金やスペックを比較! 
自分に合ったレン鯖選びにご利用ください。

レン鯖Choice/レンタルサーバー比較

ドメイン取得のメリット

自分のドメイン(いわゆる独自ドメイン)を取得すると何がいいのか?を簡単に解説します。

そもそもドメインってどこに使う?

利用目的の一番に挙げられるのは、やはりWebサイトのURLです。
企業のWebサイトや個人サイトが無料ホームページサービスの提供ドメインで運用されていては、URLは覚えてもらいにくい上、信頼されにくいのではないでしょうか。

ドメインを取得する目的のひとつに、「わかりやすい・覚えてもらいやすい」ということがあります。
大抵、ドメインを取得する際は、会社名やサービス名、また短くキャッチーなドメイン名をつけます。
無料サービス提供のドメインを利用することが悪いわけではありませんが、Google検索に於いてサービス提供ドメインの評価の影響をもろに受けることなどは知っておいたほうがいいかもしれません。
※無料ホームページサービスの有料プランでも独自ドメインを割り当てられるところはあります。

オリジナルメールアドレスが作れる

また、独自ドメインを取得すれば、自分だけオリジナルのメールアドレスを持つことができます。

GmailやYahoo!メール、インターネットプロバイダまたは携帯キャリアのメールアドレスを利用されている方が多いと思います。
スマホだけしか使っていないという方はLINEしか使っておらず、もはやメールなんて使っていないかもしれませんが、オンラインサービスに登録する時や本人確認などで今でもメールアドレスは必要です。
(SNSアカウントで登録できる場合でもメールアドレスの入力が必要なタイミングはあります)
そんな時に、GmailやYahoo!、キャリアのメールアドレスではなく、自分だけが使うメールアドレスであれば色々便利です。
例えば、「迷惑メールが少ない」「覚えやすいアドレスを作れる」「利用目的で複数作れる」などが挙げられます。
大手の無料メールサービスでは@より前の部分が他の人に使われていると取得できませんが、独自ドメインであれば自分の好きなようにアドレスを作ることができます。
また、管理は若干めんどくさいかもしれませんが、サービス毎にメールアドレスを作ることも可能です。
デメリットとしては、メールソフト(アプリ)に登録する際に、大手のアドレスは簡単に設定できることが多いのですが、独自ドメインで作成した場合は設定を調べて登録する必要があります。(手順を覚えてしまえば簡単です)